事前に面接のシステムを把握しておくことで本番の風俗の面接で緊張しない

風俗の求人を見て、ぜひとも働いてみたい。そんな求人に出会った方もいらっしゃるでしょう。今では、「ウェブ履歴書」といってインターネット上である程度のやり取りをすることが可能だという場合もありますが、やはり主流はスタンダードな面接方法となっています。

これまで、面接というもを体験した方も多いかと思いますが「風俗だと少し違うのでは」と考えている方もいるかもしれませんね。

ここで、面接のポイントなどについてお話して行きたいと思います。先ずは服装。このためにリクルートスーツなどを買わなくちゃなどと思う方もいるでしょう。

しかし、その必要はありません。あまりに派手な服装は避けるようにすれば良いのです。地味目なパンツスーツなどでも良いですが、印象という事を考えると「女性らしい」というものを与えたほうが効果的という事もありますので、清楚系のワンピースなどをおすすめします。

次に面接ですが、「なぜこの店舗に応募したのか」「風俗で働きたいと思ったのは何故なのか」「どこまでのプレイが可能か」という事はたいてい聞かれるかと思います。

スムーズにやり取りを進めたほうがやはり高ポイントとなりますので、予め完結に話をまとめておくとよいでしょう。話し方ですが、はっきりと・ハキハキとを心がけてください。

もちろん、丁寧な言葉を使いましょう。相手がいくらフランクだからといって敬語を忘れてはいけません。店舗に直接出向いて面接することが大半ではありますが、仲にはこちらがし呈した場所で面接をしてくれるという事もありますので、そうした詳細については問い合わせたり希望が出せるようであれば出してみましょう。